HOME > スタッフ紹介


会長あいさつ



代表取締役会長
塚本 こなみ
株式会社グリーンメンテナンス 会長
株式会社環境緑化研究所 代表取締役
(公財)浜松市花みどり振興財団

 花と緑の仕事に就いて約半世紀、創業から数えると30年余り。ふり返れば、“今ここにある樹木、緑地を美しく健全に守り続けたい”という一心で、「緑を守り育てる会社」として株式会社グリーンメンテナンスを設立いたしました。以来、数多くのガーデン計画に携わらせていただくとともに、住宅団地の緑地、企業緑地、都市の美しい景観形成など、さまざまなチャンスを頂戴しました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
 私は樹木医になってから、素晴らしい藤との出会いがありました。1997年、栃木県足利市堀込町にあった当時樹齢130年の大藤を「あしかがフラワーパーク」(足利市迫間町)に移植する任務を仰せつかったのです。湿地帯に大量の炭を敷き詰め、土壌を浄化し、すべての生命体の活性化を図るビッグプロジェクトでしたが、成功をきっかけに園長を拝命し、さらなる学びと成長の場をいただきました。こうした経験を活かし、現在は「はままつフラワーパーク」を世界一美しいパークにしたいと、微力ながら力を注いでおります。
 熱い思いで立ち上げたグリーンメンテナンスもまた、歩みを止めるわけにはいきません。美しい緑の空間をつくり、未来に向かって育て、守る会社としてより一層、地域社会に貢献してまいります。このたび、若さと情熱を兼ね備えた遠藤立望が社長に就任いたしました。今後とも皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

【公職】
現 浜松市文化財審議員
元 西遠広域都市計画事業浜北新都市土地区画整理議会委員、元 浜松市中区協議会委員、浜松市都市景観審議会委員、林野庁 松林対策懇談会委員(平成8年)、元 新潟県文化財保護審議会委員、元 浜松市緑の基本計画策定委員会委員
【メディア等】
平成18年5月25日/NHK プロフェッショナル 仕事の流儀、平成20年2月25日/NHK 課外授業ようこそ先輩、平成27年4月30日/TX カンブリア宮殿、他 メディア多数出演

社長あいさつ



代表取締役社長
遠藤 立望
資格
一級造園施工管理技士
一級土木施工管理技士

 このたび、株式会社グリーンメンテナンスの社長に就任いたしました遠藤立望でございます。塚本こなみ会長の創業以来の思いをしっかりと受け継ぎ、熱意と責任を持って邁進していく所存でございます。
 私は少年期から樹木が好きで、高校は迷うことなく造園科へ進学。東京の専門学校で緑地工学を学んだ後、造園業界で経験を積んでまいりました。グリーンメンテナンスにお世話になってからは、樹木や緑と触れ合う時間が大幅に増え、これこそが自分が求めていた天職だと確信した次第です。人間よりもはるかに長い時間を生きる樹木にはそれぞれ、ヒストリーとストーリーがあります。先代、先々代が植えた苗木が歳月を経て少しずつ成長し、やがて大樹となって四方に枝を広げ、木陰をつくる。樹齢を重ねた樹木が今も昔も変わらず、同じ場所に根を張って立っている姿を見ると胸が熱くなります。この歳月の重みを途絶えさせてはならない、決して枯らすまいと思うのです。
 樹木に惚れるあまり、日々の作業が仕事というより日課になっている昨今。樹木への愛情は人一倍ですが、経営者としてはまだまだ未熟でございます。緑を守り育てることに全力を注ぎ、少しでも皆様のお役に立てるよう努力してまいります。何卒、ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

スタッフ紹介

ヘッドガーデナー
村 瑶子
資格
二級造園施工管理技士 二級造園技能士 一級色彩検定取得

 お施主様の思いを花の力で実現するために、まず、思いを共有することからスタートします。ガーデンにおいて配色の大切さを会長より教え受け、色彩設計を軸にプランニング。“らしさ”を大切にご提案しています。眺める方、憩う方が安らぎ、楽しんでいただけるガーデンを真心込めてデザインしたいと願っています。

ガーデナー
塚本 敏生
 会長の理念に触れ、藤をはじめ樹木と真剣に向き合うひたむきな姿に感銘してこの道を志しました。まだ基礎を勉強中の駆け出しですが、先輩方から多くのことを学び、グリーンメンテナンスの発展に貢献できる人材になりたいと思います。

ガーデナー
小木 笑美菜
 昔から花について興味があり、高校時代も造園や花木について学んできました。この度は職で花に携わることができ大変喜ばしく思います。ですが、まだまだ知識や技術面についても未熟なので先輩方の仕事をよく見て学び一日でも早くお役に立てるよう努力してまいります。

ガーデナー
斉藤 寛和
 初めまして。この度、素敵なご縁に恵まれグリーンメンテナンスに入社させて頂きました斉藤です。私は人間的にも、職人としてもまだまだ未熟者ですが、日々の作業の中から、会長の理念と、自然と調和へのヒントを感じ取れる様に、あらゆる事に耳を澄まし、一つ一つのチャンスを大切にして日々精進して行きたいと思います。

ページの先頭へ